キレイになりたいと禁煙してみたら・・・

禁煙を決めた女子私は去年まで煙草を吸う喫煙者だったのですが、年齢とともに顔のシミやタルミが気になりだした事により禁煙する事にしました。

何度か失敗を繰り返しながらも、キレイになりたいと強く思うようになりましたので、なんとか煙草を辞める事に成功しました。

ところが、しばらくすると体重が増えている事に気が付きました。

よく噂には煙草を辞めると体重が増えるという事は聞いた事がありましたが、ちょっとだけ増加しただけでしたので、それ程その時は気に留める事はありませんでした。

しかしながらそれがあだとなり、みるみる体重は増加する一方で一年間の間に6キロもの体重を増やしてしまい、写真を撮った時に写った自分の姿に愕然としました。

ウエストもすっかりくびれが消えてしまい、今まで着ていた洋服もサイズが合わなくなってしまいました。

さすがこのままではキレイになろうと思って始めた禁煙なのに、太ってしまっては全く意味がないとショックを受けました。

それからすぐにダイエットを始め、ウォーキングや食事制限をして何とか少しずつ体重を減らしています。

なかなか細くならないウエストに関しては、腹筋をする事によって次第にスッキリとしてきたので、これからも続けていこうと思います。

それでもダメならエステサロンにでも行ってみようかと・・・^^;

エステに行くならこのサイトで選べば簡単に見つかります(フェイシャルエステ選び方.net)。

事前にチェックして失敗しないようにしないとね♪

シミを作らないためにする予防法

シミの予防

肌に必要以上の刺激を与えないことがシミを作らない方法です。
新陳代謝を向上させて、健やかできれいな肌を生み出せる環境を整える必要があります。
シミを消し去るには洗顔方法を見直すことも大切で、肌に付着した汚れを取り除こうと強くこすることは禁物です。

こすれたことが原因で肌が炎症を起こした場合、肌はどんな状態となってしまうのでしょうか。
炎症を起こしている部分においては活性酸素の生成が進み、活性酸素にはメラニンの色を透明から褐色へと変える作用があります。
結果的に変色したものが目立つようになるのがシミの正体です。

シミを消し去り再発を防ぐためには、極力摩擦を起こさないように洗顔するようにしましょう。
血液がしっかりと行き渡るようにマッサージをするのも良いですが、強くこすらないように気をつけましょう。
多めのスキンケアクリームを使ってマッサージをするのがおすすめです

洗顔は、こすらずに済むようにたっぷりと泡立てて、汚れを泡で取り込むようなイメージで洗います。
このとき、手が顔の皮膚に触れないように気をつけ、泡を顔全体につけるようにして洗います。
クレンジングをした後に泡をつけて洗顔するなら、肌に過度な刺激を与えないために量は多めにすることを心がけてください。

手を合わせて動かすだけで十分な泡を作るのは難しいでしょう。
泡立てボールや泡立てネットなどを活用して、できるだけたくさんの泡を作ってください。
ホイップクリームくらいのきめ細かな泡であれば、洗浄効果がアップし、摩擦のない洗顔をする事ができます。
毎日正しい洗顔を続けることによって、肌を健やかに保ちながらシミを除去する効果が高まります。

美白化粧品でシミは消せるか?

美白化粧品

シミを消すのに有効と言われているものの一つに、美白化粧品が挙げられます。
美白効果のある化粧品は、シミの中でも最近になってできたシミに作用していくと言われています。

ビタミンCには、肌状態を正常化へ導く働きがありますので、肌の奥まで浸透していくビタミンC入りの美白化粧品を利用してみましょう。
そして、将来的にシミがあらわれそうな場所にも働き掛けて、シミができるのを予防することも可能です。
できて長時間経ってしまったシミはとても頑固で、そう簡単に消えるものでがないのです。
皮膚の内側にある頑固なシミを、肌の外に出てくるようにしなければいけません。

ビタミンCにプラスして、肌が活発に新陳代謝を行うように促すビタミンAを利用しましょう。
そして、美白効果に優れたハイドロキノンがたくさん配合されている化粧品を取り入れましょう。
シミを完全に除去するには長時間かかることを観念して、じっくり取り組むことが大切です。
シミといっても細胞にまで影響している場合には、色を観察することで判別できます。

シミの色が濃い場合には、専門医の指導や治療を受けるのがベストです。
根の深いシミを除去するには、先程のしつこいシミと同じようにハイドロキノンを活用していく必要があります。
とは言ってもドラッグストアなどで売られている化粧品では、完璧に除去することは容易にはできません。
医療用として利用される高い濃度のハイドロキノンが入っているアイテムでなければいけません。

しつこいシミを取り去ることは治療によっては不可能ではありませんが、最も有効なのは早め早めにシミのケアをすることです。
完治後は健やかな肌をキープするために、しっかりお手入れをしましょう。

 

皮膚科でシミ治療

シミ治療

シミをしっかり除去したいと思っているなら、皮膚科での治療を検討しましょう
皮膚の専門家によってシミの種類を判別し、それに合った消し方で治療をしてくれます。
普通の病院では、シミ治療外来で相談することが可能です。

それ以外にも、美容皮膚科や美容外科などの専門病院の治療を受けるという方法もあります。
これらの皮膚科では、医師しか用いることができないドクターコスメなどの製剤で行う治療法を選ぶこともできます。
トレチノインやハイドロキノンなどの製剤がそれに該当します。
シミを消したいと考えている人は、トレチノインやハイドロキノンなどという名前を耳にすると、薬局で見かけたことがあると思い出す人もいることでしょう。

とは言っても、化粧品などで使用されているこれらの成分の濃度は低く、効果を実感するのは難しいと言われています。
輸入品を利用する際は、含まれる成分を事前に把握してから用いないと、異なる肌トラブルを引き起こす可能性があります。
医師のアドバイスを受けてから処方された薬を使うのが一番です。
保険を適用して治療する際は、内服薬と外用薬が合わせて処方されます。
トラネキサムサンもしくはビタミンC・Eなどの内服薬、外用薬はプラセンタエキスやビタミンC誘導体やアルブチンなどが処方されるようです。

このような薬剤を継続して用いて、シミの原因を消していくのです。
皮膚科の治療というのは時間がかかると言うのはこのためです。
ケミカルピーリングとレーザー治療など、保険がきかない方法ではありますが、より早くシミを消すことができるでしょう。

 

シミの発生理由を把握するのが大切!

シミが出現すると、できるだけ急いで消去したいと考えるのではないでしょうか。
しかしシミの発生理由を把握しないことには、どんなケアをしても、効果が十分にあらわれない可能性があります。
最適なケア方法を模索するために、現状のシミがどのようにしてできたのかを明確にしましょう。

シミが出現する要因については3つに分類でき、その中では紫外線が一番に挙げられる原因です。
紫外線によって肌が傷つかないためにメラニン色素が生成され、肌に残ることでシミとしてあらわれてしまうのです。

これまで紫外線に対して無防備だったために、今はシミが目立つようになってしまったと嘆く人も少なくありません。
シミが発生する別の要因と言われているのが、ホルモンバランスに異常を生じることです。
生理や妊娠を経ることでシミができたという経験をたくさんの女性が味わっています。
妊娠をしている間に発生したシミが産後自然に無くなるのは、黄体ホルモンの分泌がなくなったからだという理由です。

それらの理由以外でホルモンバランスが乱れてシミができているなら、婦人科系の病気のリスクが高いと言えるでしょう。
シミの要因を特定できず何となく体調が悪いような場合には、婦人科に行って診てもらいましょう。
この頃はだいぶ少なくなったようですが、化粧品が肌に合わずにシミが発生することもあります。

遺伝が要因となってすぐにそばかすができてしまう人もいます。
そばかすができやすい年代は、その他の要因でできるシミとは全然異なります。
一般的なシミは20から50代だと言われていますが、そばかすは5歳くらいでもできてしまう子もいて、多感な10代に目立ってしまいます。
自身にできたシミがどの種類となるのか明確にできない際は、皮膚科医に診てもらうといいでしょう。

 

レーザー治療でシミ解消を

レーザー治療を検討しているなら、治療をスタートする前に覚えておかなければいけないことがあります。
レーザー治療というもののいい点と悪い点を理解しておきましょう。

メリットとしては、レーザーはシミができている細胞のみに働きかけ、そうではない部分にある正常な細胞を損ねる心配がないと言うことです。
治療を終えてから効果が見られるまで、多くの時間を必要としないのも利点と言えます。
シミを消去するためのレーザー治療は何通りかありますが、お金がかかるということを頭に入れておく必要があります。
シミがどれくらいの大きさか治療を何度実施するかで治療費は変動していきます。

通常のレーザー治療は、麻酔には塗るタイプのものを用いますが、痛みを感じることがあります。
痛くない治療法とは、フラッシュランプという名前の方法です。
刺激がほとんどないということで選ぶ人が多い方法で、特に薄いシミに対しては消すのも可能です。
レーザー照射をコントロールして弱い状態で当てるのが、レーザーピーリングと言われるものです。
痛みを伴う一般的なレーザー治療に比べると効果が出始めるまでに時間がかかるので、治療が完了するまでに時間が必要となります。
わざわざシミの除去のためにレーザー治療をしたにもかかわらず、元の状態よりもシミが濃くなったとそれに関しては、レーザーが当たった細胞が肌の上に上がってくるために起こる症状です。
レーザー治療による作用が出ているということなので、あとは消えるのを待つだけです。

そうは言っても、レーザー治療をしても改善しないシミもあることを忘れないようにしましょう。
女性の発生頻度の高いシミである肝斑がそれにあたります。

 

サプリメントや食事でシミ解消

シミがある肌の奥においては、紫外線が及ぼす悪影響から皮膚を守るためにメラニンが生み出されます
この段階で生成されたメラニンは、透明なのでまだシミとして認識されません。
角質細胞に入り込んだメラニンが体外へとすぐに押し出されれば気にすることはありません。
体の持つ代謝機能によって出される量よりもたくさんの量が生み出されるせいで、シミとして体内に残ってしまいます
角質細胞に入ってきて流れでなかったメラニンが、紫外線によって無色から褐色に変化してしまうのです。

ビタミンCは、褐色化したメラニンをもともとの形状である透明な状態にする効果があります。
化粧品の中でも美白や美肌効果を謳っているとビタミンCが含まれているのはこの理由からです
新陳代謝や血行を良くする働きもするので、生き生きとした肌をキープすることができます。
ビタミンCというのは、老化予防に効果的に作用することが広く知れ渡っています。

老化予防に取り組みながらシミを消し去ることも可能なありがたい栄養素なのです。
皮膚の外側から取り込むことができるビタミンCは、食品はもちろんサプリメントでも身体の中から取り入れることもできます。
ビタミンC誘導体入りのケア商品を利用することで、肌の深部の細胞に行き届かせていきます。
食事の際にも、どんどんビタミンCを摂り入れたいものです。
ビタミンCは、ジャガイモやブロッコリーなどの身近な野菜をはじめとして、野菜や果物の多くに含まれている栄養素なのです。
サプリメントや食事を有効活用して、シミを消し去っていきましょう。

 

シミのタイプについて

シミには皮膚の専門医に任せなければ治らないものと、食生活や生活習慣を改めさえすればなくなるものもあります
自分にシミができたのはどうしてなのがが明らかになれば、消すためのケアもすぐに把握できるはずです。

シミができる要因が体内に蓄積されている毒素なら、デトックスを行うことでシミが除去できる可能性があります。
身体が健康な状態であれば、シミの原因物質と言われる活性酸素の生成が必要以上に進むことはありません。
ですが、食生活や生活習慣が乱れたり、ストレスが溜まりやすい環境だと活性酸素は増加し続けます。

その他にも、有害物質もシミが発生する要因になり得ます。
有害物質はいわゆる有害ミネラルのことで、鉛やヒ素、水銀、ベリリウムなどがこれに当たります。
これらの成分は水道水や食品に存在するので、日々の生活の中で否応なく体内に入り込みます。
身体に蓄積された余計な物質を外に排出することで健康状態が維持され、シミが消えていくというメカニズムです。

シミ消しに有効なデトックスのやり方はいくつかあり、その中でも優れたデトックスが可能なのがエステティックサロンだとされています。
エステサロンで受けるマッサージで血行が良くなり、身体に蓄積された成分が外へと押し出されます。
サプリメントであれば肝臓は体に悪影響を及ぼす物質を体外へ追い出す作用があるので、デトックスの効き目を実感するには肝臓の機能を活発にするサプリメントを選びましょう。

それと、ミネラルウォーターやお茶をこまめに飲んで体内のバランスを良い状態に保っていきましょう
この仕組みを応用して、デトックスを利用したシミ解消効果を促していきましょう。

 

シミの原因となるストレスとは

肌にシミがあらわれる一因に、ストレスが挙げられるのです。
ストレスは健康状態に悪影響を与えるため、免疫力の低下をまねいたり、ホルモンバランスに異常をきたします。
精神的なストレスであっても身体的なストレスであっても、どちらもシミを作り出す原因になります。
ストレスを解消すれば、知らない間にシミの無いきれいな肌に戻っていることもあります。
精神的要因で起きるストレスは、肝臓による働きが衰退させるケースもあるようです。

肝臓がうまく機能していないと、体内に毒素が残るようになって停滞することになります。
シミが頬骨のあたりにでき始めたら、肝臓の機能に支障が出ているとチェックすることが可能です。

またホルモンのバランスが崩れたことによるシミは、眉の上部分に発生することで確かめることができます。
身体の冷え過ぎもストレスになり、冷えが進んでしまうと血液循環が悪くなります。
血液がスムーズに身体に行き届かなくなることで、末梢部分が栄養不足になってしまいます。
新陳代謝に支障が生じて、健康な肌が作られなくなることでシミが出てくるのです。
肌の健康状態を良くする仕組みを正常化することで、シミの悩みから解放されます。

このようなことから、シミとストレスの2つには絶対に因果関係があると言える出よう。
精神的なことで生じたストレスは消えるまでに時間がかかりますが、身体に原因があるストレスは自力で解決する見込みはあります。
身体を温かくする効果がある食べ物や血行を良くするメニューを意識するなど、普段の食事を見直しましょう。
シミが無くなる経過が見られれば、ストレスの一因が解決され、精神的ストレスが軽減されるでしょう。

 

シミができる仕組みについて

シミができる仕組みを理解することで、以前からあるシミを消滅させるサプリメントでどれが合うかが分かるでしょう。

老人性色素斑はよくあるシミの一種ですが、体が酸化しないようにするビタミンC、B2、B6に加えてL-システインも配合したサプリメントが効率よく改善することができます。
L-システインは、肝臓の機能を高めて体に残っていた老廃物を取り除く結果をもたらします。
一緒にビタミンCを摂取することで、色素が沈着することで起きた細胞の黒ずみを白色メラニンにしていきます。

それぞれの成分は元気な肌をキープするためになくてはならないものですが、加齢の影響で体内で生成できる量が減少していきます。
そのため、サプリメントを使って摂ることが欠かせないと言えます。

肌から若さを奪う活性酸素は紫外線に当たると生成されるので、常に紫外線対策を行うことが大切です。
たくさんの女性が除去したいシミの肝斑は、ホルモンとの関係が深いということが分かっています。
プロゲストロンがたくさん分泌されることでメラニンが作られ、シミが多くなってしまいます。
シミを消していくためには、メラニンの生成を抑制することが不可欠だと言えるでしょう。
そのために必要な成分は、ビタミンC、ビタミンE、そしてL-システインなどです。

次いで多く見られるシミが光線性花弁状色素斑で、プールや海などの場所で大量の紫外線を浴びてしまうと出てきます。
このタイプのシミには、プロアントシアニンが有効だということが知られています。
効果が期待できるプロアントシアニンは、赤ワインによって取り入れられます。
L-システインやビタミンC・E・B2・B6も有効ですので、平行して摂取すると効果が高まります。